ページTOP

早耳ガンプラ情報局

ガンプラ、ガンダム最新情報

日別 2020 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312021 02
Amazon人気ランキング
-割引商品-
プレバン人気ランキング
楽天人気ランキング
プレバン予約開始情報
2015年10月28日(水)
ガンプラ

RG 1/144 ガンダムアストレイ ブルーフレーム【2次:2016年1月発送】、ホビーオンラインショップ受注中

RG-ガンダムアストレイ-ブルーフレームt

2015年10月9日(金)13時から、プレミアムバンダイの「ホビーオンラインショップ」で 、「RG 1/144 ガンダムアストレイ ブルーフレーム」の受注が開始されてました。

2015年10月28日から、2次:2016年1月発送分の受注が開始されました。
情報元
ホビーオンラインショップ〔プレミアムバンダイ〕
↑バナーから商品ページへ行けます。

■RG 1/144 ガンダムアストレイ ブルーフレーム 
RG ガンダムアストレイ ブルーフレームb




RG ガンダムアストレイ ブルーフレームの商品説明画像1
RG ガンダムアストレイ ブルーフレームの商品説明画像2
RG ガンダムアストレイ ブルーフレームの商品説明画像3
RG ガンダムアストレイ ブルーフレームの商品説明画像4
RG ガンダムアストレイ ブルーフレームの商品説明画像5

関連記事
RG 1/144 ガンダムアストレイブルーフレームのテストショットを展示、全日本模型ホビーショー2015の現地レポート
RG ガンダムアストレイブルーフレームdpt

商品説明
RGシリーズで、ガンダムアストレイ ブルーフレームフレームが早くも登場!!   
 
   ---  ” 最 強 の 傭 兵 ” 叢 雲 劾 が 操 る 、 蒼 き ア ス ト レ イ  --- 
     
1/144では類をみない細密表現と “リアル”を追及したRGシリーズで、ガンダムアストレイ ブルーフレームをRGアレンジで再現!
  
「機動戦士ガンダムSEED ASTRAY」より、ガンダムアストレイ ブルーフレームをRGシリーズで商品化。
リアルグレードならではの装甲表現、可動域で、ガンダムアストレイ ブルーフレームを徹底再現!
特徴的な大型武器をRG準拠の新規造形で再現し、リアリスティックデカールは新規デザインで付属!!
 
● ’M68キャットゥス 500mm 無反動砲’を新規造形で付属!
    ガンダムアストレイ ブルーフレームの代表的な武器’M68キャットゥス 500mm 無反動砲’を、 RG準拠の新規造形で再現。1/144サイズにして全長約110mm。
    弾倉は取り外し可能な他、様々なポージングに対応する可動式のグリップを採用。
    また、引出式のジョイントにより、腰部に直接マウント可能。
● 新規デザインのリアリスティックデカール!
    特徴的なサーペントテールのマークなどを収録した、新規デザインのリアリスティックデカールが付属。
    細部表現用には箔シールを使用。
● 叢雲劾の同スケールフィギュアが新規造形で付属。
● 様々な表現のアクションポーズに対応する武器、豊富な手首パーツが付属。
 
付属武装 : M68キャットゥス500mm無反動砲、ビームライフル、 ビームサーベル、シールド

販売価格:3,024円(税込)
お届け日:2015年12月発送予定

関連商品
RG 1/144 MBF-P02 ガンダムアストレイレッドフレーム (機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY)
RG 1/144 MBF-P02 ガンダムアストレイレッドフレーム (機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY)〔アマゾン〕

MBF-P03 アストレイ ブルーフレーム
MBF-P03-アストレイ-ブルーフレーム
全高 17.53m
ロウがヘリオポリスで、最初に発見したモビルスーツ。最終的に、傭兵部隊サーペントテールの劾に譲ることとなった。それまで劾は、作戦に合わせ搭乗機を変えていたが、ブルーフレームを手に入れてからは、この機体をメインで使用している。それは、ASTRAYの汎用性の高さを物語っている。
コンピュータ内に、ASTRAY用のオプションパーツの設計データが多数登録されており、実際にいくつかのパーツを劾は製作し、使用している。おそらくオプションの実験機だったと考えられる。

M68キャットゥス 500mm無反動砲
艦船や施設といった大型目標の破壊に適した携行火砲。Cattus とはラテン語で「ネコ」の意。
50センチ口径のAPSV(弾頭)は着脱式ボックスマガジンで供給される。ザフトで最も多用されている兵器の1つであり、血のバレンタインやオペレーション・ウロボロスでのジンとクルーゼ専用ジンなどでは重突撃機銃との併用、オペレーション・スピットブレイクでは2門持ちやHGプラモデル仕様で所持する機体もあった。
ジン以外としては、『SEED』ではヤキン・ドゥーエ防衛軍のシグー、戸田康成の漫画『SEED ASTRAY R』では地上部隊のディン、『SEED ASTRAY B』などではオーブ製のアストレイ ブルーフレームも扱っていた。
新着レビュー
関連記事
プレバン予約開始情報
最新記事
おすすめ記事
この記事へのコメント
コメントを書く


※空欄は「はやみみ名無しさん」になります。



非公開コメント

投稿されたコメントは管理人が削除する場合があります。
また、下記のルールを守れない投稿者のコメントの書き込みや閲覧を制限する場合があります。
記事に直接関係のないコメントはご遠慮ください。あらかじめご了承下さい。m(_ _)m

・素組み派vs塗装派・改修派の議論は、記事の内容から逸れるのでご遠慮ください。
・アニメ作品に対する中傷コメントはご遠慮ください。
・正史かパラレルの議論は、記事の内容から逸れるのでご遠慮ください。
・メーカーが見てるか見てないかの議論は、話題から逸れるのでご遠慮ください。
・販売方法についてのご意見(なんでプレバン限定なの?等)は、キットを購入して頂いて、アンケート等でメーカーに直接言って下さいますようお願いします。

◆下記のコメントをされた場合には即アクセス禁止となりますのでご注意ください。◆
・過度なメーカー批判やデザイナー批判、中傷コメント
・デザイナー個人に関連する話題
・レビューサイト・動画に対する批判(「見ない」等含む)や煽り(「過剰な持ち上げ」含む)、誹謗中傷(事実誤認に関するご指摘は、当該サイトへコメントとするか連絡してください)
・その他サイトや個人に対する批判や煽り、誹謗中傷

・コメントは、冷静に、煽り無しでお願いします。

※IE(Internet Explorer)では、画面をスクロールすると押し戻されてコメントが書き込めないようです。Google ChromeやFirefoxを使用していただければ幸いです。

-発売間近-
ガンプラ新商品