ページTOP

早耳ガンプラ情報局

ガンプラ、ガンダム最新情報

日別 2021 01123456789101112131415161718192021222324252627282021 03
Amazon人気ランキング
-割引商品-
プレバン人気ランキング
楽天人気ランキング
プレバン予約開始情報
2009年10月12日(月)
ガンプラ

第49回全日本模型ホビーショー(2009)で、11月発売の「PG 1/60 ダブルオーライザー」のテストショットや完成見本、ランナー、パッケージを展示

10月8日(木)から11日(日)まで、千葉の幕張メッセで開催されていた『第49回全日本模型ホビーショー(2009)』のバンダイブースで、11月28日発売の「PG 1/60 ダブルオーライザー」が展示されていました。

↓各画像はクリックすると拡大できます。


展示エリアは、バンダイブースの中で一番大きかったです。
お客さんからは「でかい」とか「スゲー」などの驚きの声が上がっていました。
ただ、値段を聞かされたお客さんは少し引いていましたが^^:

あと、新発表の「MG Vガンダム」の展示エリアには黒山の人だかりが出来ていて、容易に近づけなかったのに比べると、こちらは方はそこまで人は集まっていませんでした。 

とまあ、Vガンに話題をさらわれた感はありますが、僕としては、前々から今回初お披露目となった「PG 1/60 ダブルオーライザー」を一番注目をしていたので、気合を入れて写真をたくさん撮ってきました。

↓続きはこちら


まずは、展示エリアの左端にあったショーケースの中に展示してあった無塗装のテストショットです。
初回生産付属のオリジナルベースにダブルオーガンダムの状態で展示されて、ベースにはオーライザーもセットされていました。 
後姿は見れないのですが、ケースが鏡張りになっていて、後ろ姿が写っています。



無塗装ですが色分けは完璧なので、よく見なければ無塗装と気が付かないくらいでした。





GNドライヴがグリーンに発光しています。
ただ、明るいところなので、緑の光はそんなには目立っては見えませんでした。
暗いところならばかなり光ると思います。

後ろにコードが見えますが、展示では、電池ではなくコードから電源を取ってたみたいです。
何時間も発光させていると電池だと持ちませんからね。
実際の商品(電池の場合)だと、電源入れてから40秒後に自動的に消灯する省エネシステムになっているそうです。





初回生産特典のオリジナルベースは2WAYスタンドになっているので、ダブルオーガンダムとオーライザーを一緒に展示ができます。
足元には、オーライザーの追加武装ユニットと付属武器・シールドが並べられていました。



11月28日発売で、価格は26250円(税込)なり。



オーライザーには新たにディテールが追加されています。スミ入れすると追加ディテールがはっきりしそうですね。



こちらは、展示エリアの右側端のショーケースの中に展示してあった塗装された完成見本です。
オーライザーが合体したダブルオーライザー形態で展示されていました。





スミ入れがされると、オーライザーの追加ディテールが引き立ってより一層格好良くなりますね。



こちらの拡大画像は、ほぼ実物大かも!?
オーライザーが合体しているので普通のPGよりもさらにボリュームがあります。



こちらは、横からの写真。右側には鏡に後姿が写っています。



後に回り込んで撮ったのですが、隙間からしか撮れませんでした。もっといい撮影ポジションがあったのかも。
シールドを後ろの肩アーマーのあたりにマウントできるようになっています。



解説パネルも展示されていました。
下の方に、オーライザーに追加武装ユニットを取り付けた画像が掲載されています。
また、左上の解説を見ると、00ガンダムはLEDユニットにより頭部も発光すると書かれています。



展示エリア中央のテーブルの上には、ランナーが展示してありました。ものすごい量でした。



右側のクリアピンクのランナーにはビームサーベルの刃とGNソードⅡのエフェクトパーツが入っています。



コンデンサーのレンズパーツはクリアグリーンの成型色になっています。



左側が内部フレーム、右側がオーライザーのランナーです。



初回生産特典を買った人のみ購入できるカラークリアボディのランナーが展示されていました。
価格は3500円とのことです。
カラークリアボディがどんな色なのかしっかり確認してきたのですが、色はこの写真とほぼ同じで、
青いパーツは水色のクリアカラーのように見えました。白い部分は無色透明のクリアになっています。

残念ながらクリアボディを装着した展示品はありませんでした。



カラークリアボディの購入方法が書いてあります。
初回生産分には、バンダイホビーオンラインショップで購入いただけるシリアルナンバーチケットが封入されるそうです。



こちらは、直立した状態のダブルオーガンダムの完成見本です。



オーライザーがないと少しさびしい感じでしょうか。





LEDユニット内蔵で頭部も発光するようですが、これは発光していない状態でしょうかね。



手と足のアップです。指のディテールが細かいですね。



オーライザーには、胴体の下のほうにGNソードⅢをマウントできるようです。



右側はオーライザーに追加武装を取り付けた状態です。



ここからは各パーツが貼り付けられた展示パネルの紹介です。
まずは、GNソードⅡとGNソードⅢ。
GNソードⅡには先ほどのランナーの写真でもあったクリアピンクのビームエフェクトパーツが付きます。
GNソードⅢのライザーソードは、HGと同様に、ピンクのクリアパーツをGNソードⅢの刃先に上からすっぽりかぶせて再現されます。



PGでは、オーライザーにも機体内部のフレームが再現されています。



オーライザーに取り付ける4種類の追加武装一式です。



脚部は上下スイング機構により、アクションポーズの可動性が大幅に向上しているとの事です。



左上側の解説を見ると、胸部のコクピット部分がスライドして開閉し、搭乗状態を再現できるとのことです。



こちらは、外部装甲を一部取り外した状態での展示です。
内部フレームのディテールも細かいですね。
脚部の上下スイング機構があるので立てひざポーズも問題なさそうです。





最後は、パッケージの写真です。
箱はかなり大きかったです。回転台の上でデカい箱がくるくると回転しておりました。



パッケージ裏面は商品説明になっています。
このダブルオーライザーの絵は、先日公開されたCG画像と同じですね。



側面はモノクロ風のシックなデザインになっています。

展示品の数が多かっただけにレポート記事を書くのに思った以上に時間がかかってしまいました。
次はVガンダムのレポートですが、まだしばらくかかるかも。
新着レビュー
関連記事
プレバン予約開始情報
最新記事
おすすめ記事
この記事へのコメント
コメントを書く


※空欄は「はやみみ名無しさん」になります。



非公開コメント

投稿されたコメントは管理人が削除する場合があります。
また、下記のルールを守れない投稿者のコメントの書き込みや閲覧を制限する場合があります。
記事に直接関係のないコメントはご遠慮ください。あらかじめご了承下さい。m(_ _)m

・素組み派vs塗装派・改修派の議論は、記事の内容から逸れるのでご遠慮ください。
・アニメ作品に対する中傷コメントはご遠慮ください。
・正史かパラレルの議論は、記事の内容から逸れるのでご遠慮ください。
・メーカーが見てるか見てないかの議論は、話題から逸れるのでご遠慮ください。
・販売方法についてのご意見(なんでプレバン限定なの?等)は、キットを購入して頂いて、アンケート等でメーカーに直接言って下さいますようお願いします。

◆下記のコメントをされた場合には即アクセス禁止となりますのでご注意ください。◆
・過度なメーカー批判やデザイナー批判、中傷コメント
・デザイナー個人に関連する話題
・レビューサイト・動画に対する批判(「見ない」等含む)や煽り(「過剰な持ち上げ」含む)、誹謗中傷(事実誤認に関するご指摘は、当該サイトへコメントとするか連絡してください)
・その他サイトや個人に対する批判や煽り、誹謗中傷

・コメントは、冷静に、煽り無しでお願いします。

※IE(Internet Explorer)では、画面をスクロールすると押し戻されてコメントが書き込めないようです。Google ChromeやFirefoxを使用していただければ幸いです。

-発売間近-
ガンプラ新商品