ページTOP

早耳ガンプラ情報局

ガンプラ、ガンダム最新情報

日別 2022 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312022 06
Amazon人気ランキング
-割引商品-
プレバン人気ランキング
楽天人気ランキング
プレバン予約開始情報
2021年08月06日(金)
BOOK

ビグ・ザムール(A.O.Z Re-boot)の設定画と機体解説公開

ビグ・ザムール(A.O.Z Re-boot)t

ビグ・ザムール(A.O.Z Re-boot)の設定画と機体解説が公開されました。
スポンサーリンク

情報元
『A.O.Z Re-Boot』Vol.69更新!ジオンマーズが建造し、ビグ・ザムのコンセプトを引き継いだビグ・ザムール〔電撃ホビーウェブ〕
ジオンマーズの切り札ビグ・ザムール登場!!ビグ・ザムの流れを汲む巨大MAの性能とは?『機動戦士Zガンダム』公式外伝「ADVANCE OF Z」イラスト連載、更新!〔電撃ホビーウェブ〕

ビグ・ザムール
ビグ・ザムールMA

AMA-01S ビグ・ザムール
漫画『A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ-くろうさぎのみた夢-』に登場。
第一次ネオ・ジオン抗争時に、ネオ・ジオンの地球降下作戦に協力するため、火星のジオン残党組織「ジオンマーズ」が開発した機体。ビグ・ザムのコンセプトを引き継いだジャムル・フィン(アクシズでは未完成のまま小型MAに改修)の開発を、ジオンマーズが独自に続行し完成した機体であり、ジャムル・フィンの完成形とも呼ばれる(アクシズで想定されていた本来の完成形の設計も存在する)。

機体前部中央に大出力の拡散および収束偏向式ハイ・メガ粒子砲を上下に2門搭載する。これらはそれぞれジャムル・フィンの胴体部となっており、同機の簡易式アームに代わって偏向ブレードが装備され、ビームの拡散率を調整する(この胴体部は脱出ポッドとしても機能する)。また、本機の股間部に折り畳まれている砲身を併用することで、長距離砲撃も可能となる。

ビグ・ザムと同様に、機体上部にIフィールド・ジェネレーターを搭載、側面には収納式の拡散メガ粒子砲を多数装備しているが、これらはアップグレードされている。また、ビグ・ザムの欠点であった稼働時間の制限も解決されており、長時間の運用が可能となっている。さらにビグロの設計もフィードバックされており、背部に大型ブースターを搭載、頭部の左右には4連装ミサイルを装備しているほか、脚部(クロー)を折り畳むことにより高機動形態へと変化する(そのため脚部は逆関節の鳥脚状になっている)。また、ビグ・ザムとガンダムの戦訓から、機体前部にクロー・アームを内蔵しており、MSとの近接戦闘も可能になっている。なお、本機はニュータイプあるいは強化人間による単独での操縦が想定されている。塗装はグリーンを基調とする。

ミノフスキー・クラフトを搭載した艦艇による直接降下が可能となったため、本機は地球降下作戦では運用されていない。

宇宙世紀0090年に火星に帰還したジオンマーズのチェスター宇宙艦隊に同行するネオ・ジオン軍残党の強化人間部隊「PG部隊」の一員であるヌマーシュが搭乗し、火星を支配する「レジオン」の検閲部隊に対し、搭載されていたサダラーン級「ミダラーン」の格納庫内部から発砲し戦闘の口火を切る。迎撃に出たレジオンのグロリア・ザビが搭乗するガンダムTR-6[クインリィ]と一騎討ちとなり苦戦するが、PG部隊のフェンリス・ヴォルフ小隊の介入により火星へ降下しようとする本隊と合流。監視衛星「エレノア」による砲撃の際にチェスターJr.のゲルググIIIの盾となり半壊、ヌマーシュは戦死する。
スポンサーリンク
カテゴリ:BOOK
タグ:AOZ 
最新記事
おすすめ記事
この記事へのコメント
コメントを書く


※空欄は「はやみみ名無しさん」になります。



非公開コメント

投稿されたコメントは管理人が削除する場合があります。
また、下記のルールを守れない投稿者のコメントの書き込みや閲覧を制限する場合があります。
記事に直接関係のないコメントはご遠慮ください。あらかじめご了承下さい。m(_ _)m

・素組み派vs塗装派・改修派の議論は、記事の内容から逸れるのでご遠慮ください。
・アニメ作品に対する中傷コメントはご遠慮ください。
・正史かパラレルの議論は、記事の内容から逸れるのでご遠慮ください。
・メーカーが見てるか見てないかの議論は、話題から逸れるのでご遠慮ください。
・販売方法についてのご意見(なんでプレバン限定なの?等)は、キットを購入して頂いて、アンケート等でメーカーに直接言って下さいますようお願いします。

◆下記のコメントをされた場合には即アクセス禁止となりますのでご注意ください。◆
・過度なメーカー批判やデザイナー批判、中傷コメント
・デザイナー個人に関連する話題
・レビューサイト・動画に対する批判(「見ない」等含む)や煽り(「過剰な持ち上げ」含む)、誹謗中傷(事実誤認に関するご指摘は、当該サイトへコメントとするか連絡してください)
・その他サイトや個人に対する批判や煽り、誹謗中傷

・コメントは、冷静に、煽り無しでお願いします。

※IE(Internet Explorer)では、画面をスクロールすると押し戻されてコメントが書き込めないようです。Google ChromeやFirefoxを使用していただければ幸いです。

-発売間近-
ガンプラ新商品